従来のイメージを遥かに超える最新技術

これまで、様々な薬剤の進化について、お話しをしてまいりましたが、実は放射線治療についても、従来のイメージを遥かに超える最新技術として、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)という治療技術が実用化されています。

今回はこのホウ素中性子捕捉療法がどのような技術であるかということについて、お伝えしたいと思います。
まず一番始めに覚えておいていただきたいのが、中性子捕捉療法とは分子イメージング、そして粒子線の融合された治療法であると言えます。この治療法を用いる大きなメリットとしては、まず細胞選択性が非常に高いということ。

正常細胞には影響を与えずに、癌細胞を細胞単位で非侵襲的に死滅させることが可能あることが挙げられます。


まさしく人体に優しい治療法

そもそも放射線治療(陽子線・重粒子線含む)はがん細胞だけでなく、正常な細胞にも同じように影響を与えてしまうことが大きなデメリットとして知られていました。

そのため、いかにして放射線を照射する部位を正確に定めることができるのかということが重要事項となっています。

つまり、一般的な放射線治療では自動的に選択することができなかったわけです。

しかし、BNCTではそれが可能となっていますので、まさしく人体に優しい治療法と言えるでしょう。