引き続き、ガン治療の最前線から沢山の情報をご紹介してまいりたいと思います。

まず今回ご紹介してまいりますのが、ナノテクノロジーによって進化を遂げているDDS製剤についてです。

薬品類がより高い薬効を出すことができる

皆さんは癌治療に関わったことがあるのであれば、既にDDS製剤についても充分認識されていることかと思います。

DDS、ドラッグデリバリーシステムとは、医薬品の有効時間を長くしたり、あるいは吸収率等を改善する技術。この技術によって、薬品類がより高い薬効を出すことができるという仕組みですね。

薬物の摂取によって的確な結果を得る事は実はそう簡単ではありません。

必要な成分を必要な時間だけ、必要な場所に送り届ける必要が本来はあるからです。

それらの操作が上手くできないため、薬の効果が一定レベルに留まってしまうと言い換えることもできるかもしれませんね。

しかし、DDSを活用することでその問題を解決することができるようになったということです。

例えばDDS製剤の一つ「ドキシル」はそもそもエイズ感礼奈カポジ肉腫を適応として承認された抗がん剤なのですが、今では他の幾つかの症状においても承認が下りています。


ナノテクノロジーを駆使した分子レベルでの設計

さて、東京大学医学系研究科の教授らが研究を進めているナノミセルという物質を使用したDDSでは、ミセル型ナノデバイス(ナノミセル)に薬を搭載することで、標的となる癌細胞にのみ薬が集中するように設計がなされています。

この技術によって抗がん剤による負担も軽減され、薬の効果も高まるということですね。

今ではこういったナノテクノロジーを駆使した分子レベルでの設計が可能となっており、今後もDDS製剤の実績は期待できるのではないでしょうか。