さて、DDS製剤、ADC薬と引き続き、もう一つの新たな薬剤の存在についても触れておきたいと思います。

ガン治療における次世代のエース候補

皆さんはガン治療における次世代のエース候補「核酸医薬品」のことはご存知でしょうか。

そもそも核酸医薬といいますのは、その名前の通りDNAやRNAを利用した医薬品となります。

疾病に関係するたんぱく質を作り出す遺伝子そのものに直接的な作用をもたらすことができる画期的な薬剤と言えるでしょう。

低分子役や抗体医薬品と違う大きな特徴は、この核酸医薬品がターゲットにするのは、あくまでもたんぱく質の合成そのものだということです。

mRNA(通称メッセンジャーRNA)を分解したり、mRNAの遺伝情報を読み取れなくするなど、疾患に関係するたんぱく質が合成されないように働きます。


抗体医薬品等を遥かに超えるポテンシャルがある!?

この次世代の医薬品と呼び声の高い核酸医薬品ですが、もっとも大きなメリットとして挙げられるのは副作用が出にくいことでしょう。

あくまえもターゲットを絞り込んでいるため、重い副作用が出にくいという評判が出ています。

また、化学合成が可能な薬剤であることから、安易に製造することができ、コスト自身が抑えられているという点も大きいのではないでしょうか。

こういったアプタマー医薬品は分子が非常に小さいため、抗体医薬品等を遥かに超えるポテンシャルがあるとして、期待されていることが「次世代」という呼び名の所以かもしれません。